税を減らす | 相続問題を効率良く解決するための方法を考えよう

相続問題を効率良く解決するための方法を考えよう

税を減らす

生前の工夫で相続税は減らせます。

 「相続税はごく一部の富裕層にのみ関係のある税金」という認識を持たれている方も多いでしょう。しかし平成27年の相続税の増税(基礎控除の4割減、最高税率のアップ)により、その認識は変わらざるを得なくなってきています。改正後の最高税率は55%と高いものになっていますので、いざ相続が発生した時に慌てないための準備が必要です。  そのため金融機関や証券会社などでは、頻繁に相続税対策のセミナーが行われています。これらを利用するのも良いですし、税金の専門家である税理士に相談するのも有効です。節税のためのアドバイスはもちろん、税理士であれば相続税のシュミレーションもしてくれます。  相続が発生した後では、できる対策もできなくなりますので、少しでも不安があるのであれば、早めに相談するなどすべきと言えます。      

具体的な対策はとしては、どのようなものがありますか。

 一口に相続税対策と言っても色々あります。現金をたくさん持っている場合は、生命保険に加入するのが有効です。現金として受け取ると、額面金額にそのまま税金がかかってしまいますが、生命保険として受け取れば控除が受けられます。  また不動産を持っていれば、賃貸アパート・マンション経営も有効です。土地は更地のままにしておくよりも、上に賃貸物件が建っている方が評価額が低くなるからです。  もしお孫さんがいれば、養子縁組もよくなされる相続税対策です。お孫さんが養子になることにより、基礎控除額や保険金の控除額をを増やすことができるからです。お婿さんやお嫁さんを養子にする例もよく見ます。  このように生きている間に出来る対策は色々あります。次世代にできるだけ負担を残さないようにしたいものです。

Copyright (c) 2015 相続問題を効率良く解決するための方法を考えよう all reserved.