相続問題を効率良く解決するための方法を考えよう

解決が必要な問題

離婚の条件に妥協しないために

今日では3組に1組の夫婦が離婚していると言われており、離婚問題は既婚者であれば他人事ではない時代です。「離婚」すると一言で言っても、単に離婚を認めさせるだけでなく、慰謝料、親権、養育費、財産分与など、その背景には解決しなければならない問題がたくさん存在します。 これらの問題をスムーズに解決し、なおかつ出来る限り好条件で交渉を成立させるためには、離婚弁護の分野に強い弁護士に依頼することが大切です。交渉だけであれば自分でやれるのではないかと考える方もいらっしゃいますが、素人が独断で交渉を行ってしまっては、本来請求できる権利を請求しないまま、条件に妥協してしまう恐れがあります。そういった事態を防ぐため、弁護士の協力を仰ぐのが得策です。

弁護士に依頼した場合の解決方法

弁護士に依頼した場合の一般的な流れを説明します。 まずは、当事者間で離婚条件について話し合いを行います。これを示談と言って、配偶者以外の有責者(浮気相手、不倫相手など)がいる場合には、相手方にも同席させます。弁護士の名前で内容証明郵便を、配偶者と有責者などの関係者全員に発信し、離婚について話し合う意思があることを催告します。 この示談で交渉が成立しなかった場合には、離婚調停に入ります。調停では、一方のみに弁護士が付いている場合、弁護士が付いている側の主張が通りやすくなる傾向があります。 そして、調停でも話し合いがまとまらなければ、離婚裁判を行うことになります。裁判まで発展してしまったら、もはや弁護士の力が不可欠と言えるでしょう。

Copyright (c) 2015 相続問題を効率良く解決するための方法を考えよう all reserved.