相続問題を効率良く解決するための方法を考えよう

弁護士に相談

後遺障害は複雑な法律問題です。

後遺障害と言うと教科書に載っているような単純な事例を想像しがちですが現実にはそのような単純な事例は一つもないといっても過言ではありません。 突然思いもよらない症状が出てきたりして、被害者本人も驚いてしまうことは日常茶飯事です。 しかもその症状が、交通事故のあと何年もたってから出てきたり、おさまったと思ったら再発したり本当に事案ごと被害者ごとに複雑多様です。 事実がそのように複雑だとしても、法律的には単純な民法709条の不法行為の問題にすぎないと素人的には思われがちですが、それは大間違いです。 交通事故ごとに事実が異なれば、それに対する法律問題も全てまったく違ってきます。そして、その法的対応を誤ると、それがさらに問題を複雑化させてしまい、簡単な示談ですらも、難題にさせてしまうというところがあります。

そのような問題は専門家に相談するのがベストです。

交通事故の後遺障害は、専門家、特に弁護士に相談するのがベストです。 弁護士というと、敷居が高い、高額というイメージが付きまといがちです。 しかし、現在ではそのようなイメージは誤っています。 最近では、テレビのCMなどで、弁護士が出てきますので身近になってきていますが、現実に弁護士数が、司法改革により、激増してきており、以前のように、地位に胡坐をかいていたり、高額をそのまま維持していては、とても成り立ちにくくなっています。 金額的に、変わりがないなら、中途半端な法律専門家に頼むよりも、弁護士に頼むのが一番です。たとえ、その弁護士が、大手の事務所の所属していても、そうでなくても、やはり、弁護士であるだけで法律的なケアが格段に違ってきます。また、それだけでなく、交渉相手の被害者に対する対応が120パーセント変わってきます。 特に、複雑な交通事故の後遺障害の場合には、加害者との話し合いがこじれがちです。社会的な信用のある弁護士がついているだけで、後遺障害に対する相手方の対応が長期にわたり誠実になってくることが多いです。

Copyright (c) 2015 相続問題を効率良く解決するための方法を考えよう all reserved.